沖縄旅行を楽しむ!!

沖縄旅行を楽しむ!!
沖縄旅行に行く際は格安航空券利用しましょう。一年間を通して大人気の観光スポットですが、その魅力は以下のようなものがあります。

・国内に居ながら南国気分が味わえる
・地域独自の料理やお酒、民芸品が多い
・文化遺産からアクティビティまで、楽しめる場所がたくさん
・パスポートや入出国の手続きが必要ない
・交通費、宿泊費がリーズナブル

しかし、3つ目の利点を最大限活かすにはコツがあります。それが航空会社のチョイスです。飛行機に乗るといったらANAやJALなどが有名ですが、最近ではそれらよりもずっと安く利用できる格安航空会社(LCC)が増えてきています。

会社によって値段もサービスも違います。それぞれの特徴を見極めて、お得に快適に沖縄旅行にいきましょう。

各会社の平均料金

各会社の平均料金
以下は成田空港から那覇空港へ行く料金と特徴です。自分にマッチしたものを選んで、快適な空の旅を送りましょう。

ジェットスター 5,000円~24,000円

とにかく安くチケットが買える航空会社です。「最低価格保証」を掲げており、これは他社でより安いフライトがあった時に連絡すると、その価格のさらに10%オフで飛行機に乗れるサービスです。「ラッキーフライデーセール」で金曜日に大安売りが開催されることもあります。

運賃タイプは3種類があり、もっとも安くなるものがさまざまなサービスが簡素化された「Starter」です。このプランでは手荷物の預かりや座席指定が有料になる、キャンセル時の払い戻しができないなどの制約があります。

「もっと快適に飛行機に乗りたい」「スケジュールが定まらないから予約の変更ができるように」という方は、より上位の運賃タイプ「ちゃっかりPlus」「しっかりMax」をチョイスしましょう。

スカイゲート 5,000円~23,400円

50を超える航空会社のフライトを一斉に検索・比較できるチケット予約サイトです。他のホームページと違って複数社のLCCを見比べられるため、とても利便性が高いというメリットがあります。

飛行機以外にもホテルやツアー情報も充実しており、旅先の予約がこのサイト1つで済ませられます。他にもさまざまな特集が組まれているため、「どこに旅行しようか迷っている」という方でも1からプランを立てられるでしょう。

ピーチ 5,890円~34,690円

「電車のように乗れる飛行機」を目指した和製の航空会社です。LCC特有の安さの他、気軽に乗れるために手続きが簡略化されていることが特徴的です。

一般的な会社では搭乗券は厚い紙に印刷されますが、ピーチではレシートのような薄い紙にプリントされます。その入手も、自動チェックイン機にバーコードをかざすだけ。カウンターで並ぶことなく数十秒で完了します。

運賃タイプが「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチプラス」の2種類に分かれており、予算やスケジュールなどの都合に応じて使い分けられます。

予約するホームページや搭乗する航空会社によって、価格や利便性が変わります。基本的に、LCCはどこもリーズナブルで、サービスが簡素化されています。その点を踏まえて、「もっと安くしていきたい」「快適に乗れるようにしたい」などの自分の希望にマッチした場所で予約するようにしましょう。

比較した結果・・・・

比較した結果・・・・
LCCはどこもリーズナブルに飛行機に乗れます。しかし、「最安価を目指したい」という場合は航空会社のチョイス、安くするための方法をしっかりと抑える必要があります。

「最低価格保証」のジェットスターがもっともお得
最安価フライトのさらに10%オフでチケットを購入できるという点は他の会社にはない大きな魅力です。ただし、これが適用されるには、対象の航空券が「直行便の片道運賃であること」「会員限定の運賃でないこと」などいくつかの条件を満たしている必要があります。

リーズナブルに乗るにはこれらの条件を公式ホームページでしっかりと確認しておく必要があります。その上で、他の航空会社に該当するものがあるかよく探す必要があるでしょう。

そこで利用したいサイトがスカイゲートです。一斉に格安航空券比較できるため、最安価のフライトがすぐに分かります。それとジェットスターを見比べて、割引が適用されるかを確認すると良いでしょう。

もっともリーズナブルに飛行機に乗れる航空会社はジェットスターです。しかし、そのためには価格を比較できる他のサイトを利用する必要があります。沖縄へのフライトの場合、割引される額は数百円程度のため、手間を取るか安さを取るかも踏まえて判断すると良いでしょう。

季節による観光スポット

季節による観光スポット
沖縄旅行は1年中楽しめます。テレビや雑誌ではよく海水浴やダイビングなどが取り上げられていますが、それ以外にも観光客が楽しめるさまざまなイベントがあります。

10月

水温が冷たくなる頃で水着を着てビーチに出る時期ではありませんが、天候によってはまだシュノーケリングを楽しめるでしょう。一方でカヤックはまだまだチャレンジできる気候です。とくに天然記念物に指定されている慶佐次川マングローブを通るコースは本島にはない景色が見られるためオススメです。

海開きを終えた月のため、飛行機の料金は安めです。日中は暑いですが、朝晩は少し肌寒いかもしれません。薄手の羽織るものを一枚準備しておくと安心です。台風に遭遇してしまう可能性があるため、天気の動向はよく確認し、飛行機もすぐに日程の変更キャンセルができるプランにすると良いでしょう。

11月

10月の終わりから11月の始めにかけて、首里城祭りが行われます。この時期の城内園は、子供たちが書いたたくさんのあかり絵がキャンドルで灯されています。夜に行くと幻想的な風景が見られるでしょう。

11月はもっとも旅行者の少ない月のため、料金はかなり安めです。台風シーズンが終わって穏やかな天気が続くため、時間の都合さえ付けばもっとも旅行しやすい時期かもしれません。

1月

日本でもっとも早く桜を見られる場所が沖縄です。今帰仁城址では下旬からカンヒザクラが咲き始めます。日没には城壁といっしょにライトアップされ、特設舞台では伝統芸能や創作太鼓も披露されます。

正月を含む年始はフライトの料金が高いですが、その後は比較的安めです。沖縄は冬でも気温が10度を上回っていることがほとんどです。しかし、海から風が吹き込むため、寒さを感じることが多いでしょう。この時期はウィンドブレーカーやコートなどは必須です。

2月

冬だからこそ美ら海水族館がオススメです。夏場は混雑しているここも、2月ならゆっくりと見て回れるでしょう。また、この時期限定で舟に乗り込んで間近でクジラを見るホエールウォッチングツアーが開催されています。冬の沖縄だからこそできる貴重な体験のため、ぜひともチャレンジしてみましょう。

飛行機の料金は安めですが、下旬になるに連れて徐々に高くなっていきます。また、1年を通してもっとも寒くなる時期でもあります。その一方で日中は20度近くまで上がることもあるため、すぐに体温を調節できるような衣服を準備しておきましょう。

3月

沖縄の海開きは早く、この時期から始まります。しかし、気温はまだ20度前後で水着を着るには早いでしょう。一足早く、ダイビングやシュノーケリングに挑戦してみると良いかもしれません。

卒業旅行シーズンでかなり高くなります。日差しがだんだん強くなってきますが、カーディガンやシャツなどはまだ準備した方が良いでしょう。

マリンアクティビティだけでなく、琉球文化や日本一早い桜なども味わえる場所が沖縄です。海水浴だけではもったいないもの、さまざまな場所に行って海以外の南国を体験していきましょう。

タイプ別沖縄の楽しみ方

タイプ別沖縄の楽しみ方
観光スポットがたくさんある沖縄。人数に応じて行く場所を変えるとさらに楽しめるようになります。

一人旅

身軽に各地を移動できるのですから、せっかくなら秘境に行ってみてはいかがでしょうか? 何と言ってもオススメは「青の洞窟」と呼ばれる真栄田岬です。青色に染まった幻想的な洞窟の中でシュノーケリングが体験できます。

他にも、美しい辺野古の海を一望できる「ジュゴンの見える丘」と呼ばれている場所があります。パラグライダーのスタート地点にされているところですが、カーナビで調べても出てこない、まさに秘境です。

<h4家族旅行

子供が楽しめる場所といったらまずは砂浜でしょう。沖縄には無数のビーチが点在していますが、中でも海水浴で人気のスポットは与那覇前浜です。鮮やかな海の色の他に目を引くものが砂です。本島の海にはない、雪のようにさらさらとしたパウダーサンドが体験できます。

他にも、美ら海水族館は外せません。世界最大級のジンベイザメを見られる他、季節に応じたイベントも盛り沢山です。

<h4カップル

マリンスポーツや水族館も良いですが、ショッピングも大切な楽しみの1つです。国際通りは沖縄のメインストリートと呼ばれるほど活気ある場所です。お土産を買うなら一度回ってみましょう。

他にも、ぜひとも行きたい場所が備瀬ビーチ、タイミングは夕方です。海の向こうに太陽が沈む光景はとてもロマンチック、パートナーも満足してくれること間違いありません。

沖縄には、ほとんどの観光客が知らない秘境や大勢で楽しめる遊び場、ムードを高める幻想的な場所など多数のオススメスポットがあります。どのような時期、メンバーで旅行しても楽しめる場所だと言えるでしょう。

沖縄旅行やチケットに関するQ&A

沖縄旅行やチケットに関するQ
沖縄の旅は、気候が違う、飛行機に乗る必要があるなどの理由があって、他の国内旅行とは勝手が違います。多くの方が抱いている疑問をまとめたため、それらを参考に快適なトラベルプランを立てていきましょう。

沖縄旅行に持っていくと便利な物ってありますか?

海水浴をする際は紫外線対策が重要です。日焼け防止クリームも良いですが、もっと便利なものがラッシュガードです。これは着たまま泳げる衣服で、肌寒い時の防寒着としても利用できます。

また、意外と海中は岩場やサンゴで身体が傷つきやすい環境です。トレンカやマリングローブ・ブーツなどを付けて、なるべく肌を露出しないようにしましょう。

季節によっては沖縄でも肌寒くなります。シャツやカーディガンなど、薄手の羽織るものを1枚持っておくと安心できるはずです。

沖縄でオススメのホテルを教えてください!!

各地にスモール・ホテルが点在しているため、大型のものよりもそれらに泊まると良いでしょう。これは小規模でありながらセレブリティを重視したものです。部屋が1つ、2つと小さいながらもサービスが行き届いており、美しい海を一望できる場所が多くあります。

沖縄でオススメのご飯は何?

何と言っても郷土料理は食べておきたいものです。チャンプルーやソーキなどたくさんありますが、チャレンジしたいものが海ぶどう丼です。

酢飯の上にウニやイクラ、とろろ芋といっしょにたくさんの海ぶどうが乗っており、お好みでレモンポン酢をかけて食べます。見た目から敬遠してしまう方も多いようですが、プチプチとした食感がとても魅力的です。

ランチには沖縄そばが良いでしょう。名前に反して蕎麦粉が使われておらず小麦粉だけで作られており、具に肉とかまぼこ、ネギ、紅しょうがが乗っているものが基本のようです。そのほかにも、豚のあばらや軟骨、よもぎが入っているなどバリエーションが豊富です。

沖縄旅行にいくならいつがオススメですか?

メジャーである海水浴を楽しむなら7~8月が良いでしょう。しかし、それ以外なら11月が絶好の時期です。観光客の数が落ち着き、飛行機のチケットが格安で買えます。また、台風シーズンを過ぎ、気候も穏やかです。

グルメやショッピング、名所歩きなどマリンアクティビティ以外で楽しみたいという方はぜひともこの時期を狙ってみましょう。

オススメの観光スポットを教えてください!!

美ら海水族館や国際通り、首里城など数々の名所がありますが、あまり行かれていない場所がうるま市の浜比嘉島です。島までは4.7kmの海中道路で繋がれており、ドライブ好きにもたまらないでしょう。

青々とした自然が魅力ですが、何よりここは琉球始まりの地であり、神々が住むとまで言われています。シルミチューやアマミチュー、アガリガーなど至るところに拝所があり、島全体がパワースポットになっています。

沖縄は日常とは違う雰囲気をリーズナブルに味わえる優れた観光地です。グルメやショッピング、エンターテイメントなど、ありとあらゆるスポットが揃っており、誰でも楽しめるでしょう。ぜひとも飛行機に乗って、その魅力を味わってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です